昨夜、WEBデザインスクールのオンライン講義がありました。

講義ではみんなが提出した課題の発表に添削とパスファインダーでハートの作り方、学習の進め方など解説がありました。
皆、イラレの使い方が上手くてこの人たち本当に初心者か?!と思いました。
プロレベルでした。

今回のお題は、パスファインダーで動物を描いてみようでした。
自分のは下手すぎて、見せられないです。センスのかけらもねえ!(´;ω;`)ウゥゥ
上には上がいるもんだ。

先生がペンツールの特訓にトランプのマークや英数字をトレースするといいと言っていたので、
さっそく特訓を始めました。

名付けて、ペンツールチャレンジ!
どのくらいの時間がかかったか、精度など見ていこうと思います。

やり方はベースにテキストツールでトランプのマークと数字を入力して、ロックかけて違う色でペンツールでトレース。

ベースの文字
ペンツールチャレンジ ビフォー

ペンツールでトレースしたもの

ペンツールチャレンジ アフター トレース

アンカーポイントとハンドルを全部表示してみた。

illustrator ペンツール アンカーポイント ハンドル
編集→環境設定→選択範囲・アンカー表示メニュー
「複数アンカーを選択時にハンドルを表示」にチェックを入れる
ダイレクト選択ツールで全て選択をすると、すべてのアンカーポイントとハンドルが表示されます。

肩が凝りました(´;ω;`)ウゥゥ
仕事が再開したら、勉強がおろそかになってしまうわ…。
これよりコーディングをもっと進めなきゃと焦る私。うぬぬ。

ペンツールは習うより、体で覚えろ!だそうです。

次はアルファベットのトレースやな。あと昨日のハートも作ろう。

そもそも本来は下絵なしにさらっとベジェ曲線を引いていくものなのか?そこらへんが分からん。
プロは下絵なくても思い描いたものがさらさらっとペンのようにベジェ線が引けるのかしら?

次の授業は6月。
大体月に1回くらいのオンラインでの講義です。次回のみんなの作品がとても楽しみです。
次回のお題は「Photoshopで合成写真を作る」です。