今日は終日在宅ワークの日。暇になってきました。

ハングアウトでの会話・週1の電話でちょいちょい息子が無職であるというヒントを与えても、何一つ気が付かない姑。

あなたの息子はあと2ヶ月で無職歴丸6年になります。(それ以前も無職歴・休職歴ありけり)

夕べは色々考えすぎて寝付けませんでした。

  • どうして保険を解約したのか?
  • 預けている100万円はあるのか?
  • 生活費に困っているのではないか?

など、考えないのかな。

もっともっと姑と会話する必要があります。会話の中から、「もしかして?!」と思わせるような会話をたくさんしないと。足りない!

実は感づいてて気が付かないふりをしているのかもしれないですよね。
もしそうなら「もしかして」を「確信」に変える必要があります。

世の中に私みたいに旦那が万年無職で生活に困っている奥様はどのくらいいらっしゃるのだろう。

私はもうクソ(旦那・夫とは呼びたくない)には働いてもらう必要はないと思っています。
働くとロクなことにならないのが目に見えている。

こいつの浪費癖は親譲りだそうで、父親似なんだと。性根が腐ってる。

「返品はきかないよ」と姑が言ってた。

熨斗つけてお返ししたいわ。育児放棄・押し付けです。

いつまでこの生活が続くんだ。

マンションのローンが平成19年から払い続け、12年が過ぎました。
残金が2,317万ほどです。

この12年間、一度も繰り上げ返済が出来ていません。出来るはずもありません。
引き落としがやっとなのに。

あと20数年も払い続けられるかどうかのほうが心配よ。

夕べ、クソ野郎に「ローンの残金が2,300万くらいになったよ」と言っても聞く耳持たん。
むしろ、お金の話をしだすと逆切れします。

 

 

私が最後に料理した日、いつだろう?年間単位で料理もしていない、冷蔵庫のドアすらも明けていません。

このことも今度姑にお話ししますね。いっぱい話したくてしょうがない。

あったかくなったら、またこっちに出てきてほしい。面と向かって話したいわ。